>羽沢横浜国大駅は本当に街力がないのか?【検証記事】

【現地レポ】羽沢横浜国大駅周辺の開発状況とは?|リビオタワー羽沢横浜国大の整備が進む【2023年8月】

ヨコハマの街・再開発ブログをご覧いただきありがとうございます。

2023年8月時点のリビオタワー羽沢横浜国大の進捗状況や周辺の開発状況をレポートしたいと思います。

2023年8月26日撮影

前回の現地レポートは2023年6月だったので、約2か月でどの程度変わっているのかお楽しみに!

 

最新の羽沢横浜国大駅周辺の現地レポートはこちら(2023年10月)

あわせて読みたい
【現地レポ】羽沢横浜国大駅周辺の再開発状況は?|リビオタワー羽沢横浜国大の商業施設が完成に近づく...   ヨコハマの街・再開発ブログをご覧いただきありがとうございます。 2023年10月時点のリビオタワー羽沢横浜国大の進捗状況や周辺の開発状況をレポートしたいと思いま...
目次

リビオタワー羽沢横浜国大の外観がほぼ完成

前回記事から約2ヶ月が経ち、2023年8月時点でリビオタワー羽沢横浜国大がどうなっているのか見ていきたいと思います。

なお、撮影した位置もわかるように、赤色の矢印でガイドしています!

①羽沢横浜国大駅前から撮影した写真です。

https://nskre.jp/hazayoko-tower/onemin/をもとに筆者作成
2023年8月26日撮影

商業施設部分はまだ工事中ですが、23階まで到達しておりほぼ外観が完成したようです!

この角度から見ると細長くスタイリッシュな印象を受けますが、JR貨物線側から見るとどっしりとしていて安定感があるというのが面白いですよね。

羽沢横浜国大駅とリビオタワー羽沢横浜国大を結ぶプロムナードでは舗装が行われていました。

思っていたより結構広いと感じたので、この開放感を生かしつつ植栽や照明などでデザインされていくと思うと楽しみですね。

 

②クリエイト脇から撮影した写真です。

https://nskre.jp/hazayoko-tower/onemin/をもとに筆者作成
2023年8月26日撮影

まさに商業施設部分の建設工事が行われている様子を撮影することができました。

https://nskre.jp/hazayoko-tower/art/

この出っ張り部分を現在工事しているものとみられます。

ガラス面が多く華やかな印象があるので、この工事が終わったらまた印象が大きく変わりそうですね!

 

③商業駐車場側から撮影した写真です。

https://nskre.jp/hazayoko-tower/onemin/をもとに筆者作成

商業施設の立体駐車場がほぼ仕上がっていて驚きました。

下の写真の通り、2か月前は更地だったのですが・・・

2023年6月3日撮影

144台が停められる立体駐車場ということで、なかなかの規模感でした。

  

④JR貨物線の高架橋から遠巻きにリビオタワー羽沢横浜国大を撮影した写真です。

https://nskre.jp/hazayoko-tower/onemin/をもとに筆者作成

この位置からは、2021年10月より毎回定点観測を行っています。

第1回から約2年が経ちましたが、こうやって同じ位置から定点観測すると、工事の進捗状況がよくわかりますね!

特にここ数カ月の変化が顕著で、街が大きく変わっていく様子をこうやって記録に収められるのが嬉しいです。

2021年10月9日撮影
2021年12月19日撮影
2022年2月9日撮影
2022年4月16日撮影
2022年6月4日撮影
2022年8月14日撮影
2022年10月8日撮影
2022年12月7日撮影
2023年2月4日撮影
2023年4月15日撮影
2023年6月3日撮影
2023年8月26日撮影

2023年4月以降、外観に大きな違いはありませんが、よく見るとマンション手前の商業施設部分の工事が進んでいるようです。

外観という点だと、あとは商業施設部分の工事が進めば最終形態に近づきそうですね。

 

⑤貨物線を挟んで反対側から撮影した写真です。

https://nskre.jp/hazayoko-tower/onemin/をもとに筆者作成
2023年8月26日撮影

羽沢横浜国大駅から見たリビオタワー羽沢横浜国大とはまた趣が違いますよね!

羽沢横浜国大駅側から見ると、正方形に近いタワーマンションという印象を受けますが、この角度から見るとしっかり長方形です。

周りに高い建物がないので、エリアNo.1マンションとしての存在感が非常に大きいですよね。

 

新築未入居のアーウィン羽沢に変化なし

羽沢横浜国大駅から新横浜方面に徒歩7分程度の立地に、2021年10月竣工の賃貸マンション「アーウィン羽沢」があります。

このアーウィン羽沢、竣工から約2年が経ちますが入居者が一人もいないとみられています。

2023年8月26日撮影

これまでと同様、エントランス付近にカラーコーンが置いてありますね(カラーコーンが折れていて不穏な空気感です・・・)。

2023年8月26日撮影

以前テナント募集を行っていた1階部分についても、ご覧の通りシャッターが閉まったままです。

2023年6月3日撮影

ちなみにアーウィン羽沢の右隣に商業ビルがありますが、テナントが退店してからしばらく空き店舗となっていたものの、ようやく「アルファサービス(株)」が入居したようです。

相鉄東急直通線のトンネル工事用地は?

先ほど紹介したアーウィン羽沢を通り過ぎた先では、広大な敷地を使って相鉄東急直通線のトンネル工事が行われていました。

2022年12月7日撮影

そのトンネル工事は2014年から継続して行われていたのですが、2022年12月6日に完了しました。

何度か延期があり、ようやく8年の時を経て工事が終わったという形ですね。

2023年8月26日撮影
2023年8月26日撮影

工事の終了から8ヶ月が経とうとしていますが、依然として更地のままとなっています。

敷地自体は横長の形をしていますが、かなりの広さがあるので今後の土地利用に期待が高まります。

引き続き動向を注視していきたいと思います。

 

なお、このトンネル工事用地について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

▼羽沢横浜国大駅周辺でスーパーができる可能性のある土地を発見【2021年9月】

あわせて読みたい
羽沢横浜国大駅周辺でスーパーができる可能性のある土地を発見【2021年9月】 ヨコハマの街・再開発ブログをご覧いただきありがとうございます。 こないだ賃貸マンションのレポートをするために羽沢横浜国大周辺を散策していたのですが、その時に ...

AGC中央研究所は環境対策工事中

羽沢横浜国大駅の北西方向にAGC中央研究所がありましたが、2021年6月に閉鎖してしまいました。

記事のシェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (5件)

  • ヨコハマニアさん、こんにちは。
    楽しく拝見させて頂いております。いつもありがとうございます。

    新しい情報ですが、羽沢横浜国大駅付近のバス路線の一部再編成が進んでいますね。
    83系統も横浜市営バスから、相鉄バスに移管されるみたいです。
    (横浜市営バス83系統)
    横浜駅西口~岡野町〜浅間下~三ツ沢総合グランド入口〜片倉町入口〜峰沢団地前〜三枚町~東泉寺前~上菅田東部公園(AGC研究所跡地付近??)

    これまでは、羽沢横浜国大駅までは経由しておらず、付近の峰沢団地前や三枚町となっています。今後は相鉄バスになりますが、相鉄の駅付近のバス停だけ停車して、羽沢横浜国大駅に見向きもしない、、寄り道しないのはちょっと考えにくい気がしています。相鉄バスからの良い知らせを期待しています:)

    • TANUPIさん、コメントありがとうございます。
      羽沢横浜国大駅周辺のバス路線が横浜市営バスから相鉄バスに移管されるのですね!
      TANUPIさんのおっしゃるように、自社のバス路線と鉄道を紐付けないのは不自然ですし、これは来年4月あたりに良い知らせが聞けそうな気がします…!

      ただ、2022年2月更新のバス路線に関するブログ記事を読み返すと、羽沢横浜国大エリアは神奈中の担当だから他社が参入できない(?)というような事情もあるみたいで、これが懸念点ですね…

      ▼羽沢横浜国大駅周辺の路線バス網の現状と今後の方向性を探る
      https://hyuuuma.com/2306/

  • 更新お疲れ様です。
    ハザコク周辺では古い家屋を取り壊し、新築分譲が更に活発になってきたように感じます。広さにもよりますが100㎡近くで5000万円以上は固くなってきましたね。駅前開発の影響を感じます。
    早くテナント情報出ないかなー。

    • 寿司好きさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます!
      ここ最近、新築戸建てや土地分譲の新着情報が多い気がしますよね。いよいよ本格的に動き始めたんだなぁと実感しています。
      仰るように、相場も数年前とは変化してきているようですね。
      来年のHAZAWA VALLEY街開きでもう1段階変化しそうな気もします…!

  • 今日、リビオタワー羽沢横浜国大の建築現場を見に行ってきました。
    ヨコハマニアさんのこの記事の写真より、更に駅側の商業施設部分の建設が進み、足場は9割方取り払われていました。商業施設内の長いエスカレーター(まだ骨組みの状態)も外から確認することが出来ました。ひいき目かも知れませんが、デザイン、質感共、期待通りハイグレードな建物に仕上がっていくように感じました。
    CREATEとの間のプロムナード部分には重機が入って整地や掘削を行っていました。こちらの工事はおそらく1月末までかかるのでしょう。
    近くにあるライオンズマンション(S62年築、2Fにある52平米の2LDK)がオープンルーム開催中で、価格は2,398万円でした。築36年とは言え、都心直通の駅から徒歩3分、もうすぐ目の前に商業施設も完成します。最近の東京や横浜の中心部でのマンションと比較すると、利便性と価格のバランスが良いように感じてしまいますね。

コメントする

目次