>羽沢横浜国大駅は本当に街力がないのか?【検証記事】

ライズモール保土ケ谷常盤台、7/28開業へ!現地状況をレポート【2022年7月】

羽沢横浜国大と横浜の街・再開発ブログをご覧いただきありがとうございます。

保土ケ谷区常盤台に新しくできる複合商業施設『ライズモール保土ケ谷常盤台』の建設地を訪問したので、現地レポート第3弾(2022年7月版)をお送りします。

いよいよ開業時期が迫ってきており、外観はほぼ出来上がってきました。

スーパーマーケット”食品館あおば”やドラッグストア”クリエイトSD”、クリニック・診療所などが入居する予定で、駐車場駐輪場も充実しているので楽しみですね!

 

↓第1弾:ライズモール保土ヶ谷常盤台の開発概要と現地レポート(2022年1月16日更新)

あわせて読みたい
【現地レポ】2022年夏開業!ライズモール保土ヶ谷常盤台の開発状況【2022年1月】 羽沢横浜国大ブログをご覧いただきありがとうございます。 保土ヶ谷区常盤台に新しくできる複合商業施設『ライズモール保土ヶ谷常盤台』の建設地を訪問したので、現地レ...

↓第2弾:ライズモール保土ケ谷常盤台の新店舗情報と現地レポート(2022年4月1日更新)

あわせて読みたい
【現地レポ】ドミノピザが4/1オープン!ライズモール保土ヶ谷常盤台の新店舗情報【2022年4月】 羽沢横浜国大ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は、横浜市保土ヶ谷区常盤台に新しくできる複合商業施設『ライズモール保土ヶ谷常盤台』の建設地を訪問し...
目次

立地は?

ライズモール保土ケ谷常盤台は、横浜市保土ケ谷区常盤台129‐1周辺に建設されています。

ご覧の通り、横浜国立大学がとても近くにあります(当該敷地のすぐ裏が大学です)。

また、横浜新道の常盤台ICも近いですね。車でのアクセスは良さそうです。

 

一方、鉄道駅からはいずれも少し距離があります。

羽沢横浜国大駅からは約2kmの徒歩26分、三ッ沢上町駅(ブルーライン)からは約1.4kmの徒歩19分です。

最寄り駅となるのは和田町駅(相鉄)で、約1.1kmの徒歩15分ですね。

 

ライズモール保土ケ谷常盤台の南側東側の計2か所に、バス停「横浜新道」があります。

こちらはライズモール保土ケ谷常盤台の南側に位置するバス停です。

行き先は横浜駅西口で、運行日は平日のみとなっています。

また、運行本数も1時間に1~2本程度と少ないです。

こちらはライズモール保土ケ谷常盤台の東側に位置するバス停です。

先ほどのバス停と名称は同じで、「横浜新道」となっています。

ライズモール保土ケ谷常盤台の正面入り口(南側)からは徒歩1分もかからないくらいの距離です。

横浜市営バス、相鉄バス、神奈中バスの3社が運行していますが、いずれも行き先は横浜駅西口です。

こちらは横浜市営バスの202系統・208系統の時刻表です。

そこまで本数が多いとは言えませんが、平日・土曜・休日いずれも運行しているようです。

ライズモール保土ケ谷常盤台の概要を整理

ライズモール保土ケ谷常盤台の開発概要を示す「建築計画のお知らせ」をご覧ください。

2022年1月撮影

建築主は、スーパーマーケット”食品館あおば”などを展開するビッグライズホールディングスになります。

地上2階建てで、敷地面積が5,791㎡、建築面積が3,488㎡と大規模です。

そのうち、食品館あおばの店舗面積は2,364㎡となりそうです。

ちなみに、”サミット上星川店”の売場面積は1,841㎡です。

 

この看板では駐車場が198台となっていますが、「大規模小売店舗の新設の届出」によると165台のようです。

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/keizai/horei/horitsu/rittihou/joukyou/joukyou.files/0099_20211228.pdf

どちらにせよ、駐車台数は充実していますね。

2階と屋上部分が駐車場となっています。

 

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/keizai/horei/horitsu/rittihou/joukyou/joukyou.files/0099_20211228.pdf

「大規模小売店舗の新設の届出」によると、開業時期は2022年7月23日(土)とあります。

ただ、ビッグ・ライズの公式HPには

https://www.bicrise.com/tokiwadai/

食品館あおば2022年7月28日(木)オープン予定とあります。

公式HPの方が最新情報となるため、オープンは7月28日(木)となりそうです。

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/keizai/horei/horitsu/rittihou/joukyou/joukyou.files/0099_20211228.pdf

また、開店は朝9時、閉店は夜10時のようですね。

「具体的にどのようなテナントが入居するの?」という点は、現地写真と一緒にこの後見ていきたいと思います!

現地の開発状況レポート【2022年7月9日時点】

2022年7月9日に現地を訪問しました。

GoogleMapsで撮影位置を示しながら写真を紹介していきたいと思います!

ライズモール保土ケ谷常盤台の西側から撮影すると、既にB敷地は建物が完成しているようでした。

https://www.gakuman-tokyo.com/kanagawa/estate/2301005454

このB敷地、5階建ての学生専用マンション「カレッジコート横浜国立大学前」(全61戸)となっています。

管理人夫婦住み込み、食事付、家具家電付の学生マンションで、横浜国立大学の南通用門から徒歩30秒程度でエントランスに到着するので、横国の学生が中心に入居するとみられます。

1階と2階はテナントとなっており、1階には2022年4月1日よりドミノピザ横浜常盤台店がオープンしています。

ただ、2階部分はまだテナントが決まっていないようで、テナント募集を知らせる掲示がされていました。

 

ライズモール保土ケ谷常盤台の前面道路です。

この開発事業に伴い、道路幅の拡幅などが行われました。

ライズモール保土ケ谷常盤台側にのみ歩道があり、車道は片側1車線となっています。

 

ライズモール保土ケ谷常盤台の駐車場出入口です。

1階部分に駐車場はなく、2階と屋上につながる出入口とみられます。

駐車台数は165台と充実しています。

 

ライズモール保土ケ谷常盤台の前面道路こそ片側1車線が確保されていますが、西方向はこの先の道路が細くなっています

また、東方向の常盤台和田町線に出る交差点(ガストのある交差点)も信号が短いため、この辺りは渋滞が発生しそうな道路環境かと思います。

 

ライズモール保土ケ谷常盤台と前面道路の間に設置された公園です。

横浜市に帰属された土地で、この公園は横浜市が管理するとみられます。

敷地面積は214㎡ありますが、実際に見てみると結構狭い印象を受けます。

少し休む程度の使い方でしょうか。

なお、ここから徒歩2~3分の場所にはグラウンドやテニスコート、弓道場などを擁する常盤公園があります。

https://parkful.net/2016/08/tokiwa-park-2/

 

ライズモール保土ケ谷常盤台と前面道路の間には駐輪場が設けられています。

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/keizai/horei/horitsu/rittihou/joukyou/joukyou.files/0099_20211228.pdf

「大規模小売店舗の新設の届出」によると、自転車は全部で128台停められる計画です。

 

ライズモール保土ケ谷常盤台の正面入り口です。

2つの自動ドアを通ると、店内へ入れるような作りになっているようです。

店内は内装こそ進んでいましたが、品物などはまだ搬入されていないようでした。

 

駐輪場その2です。

正面入口の至近に駐輪場が2か所用意されているのは便利ですね。

この感じだと、駐輪場の料金も無料になりそうですよね。

 

ライズモール保土ケ谷常盤台に入居するテナントを知らせる看板です。

スーパーマーケットの食品館あおば、ドラッグストアのクリエイトSDの他には、横浜常盤台みんなの診療所そうごう薬局awesome dental clinic買取専門おたからやの看板が見えます。

横浜常盤台みんなの診療所は、診療科目が皮膚科、内科、リハビリ、小児科、整形外科と充実しているようです。

 

ライズモール保土ケ谷常盤台の東側を通る常盤台和田町線の方向から撮影した写真です。

車でライズモール保土ケ谷常盤台に行く際は、この景色が目印となり、左折して駐車場に入庫する形になると思います。

手前に映るのぼり旗はガスト保土ケ谷常盤台店のものです。

 

東側の歩道からライズモール保土ケ谷常盤台を見上げると、テナント募集の貼り紙がされていました。

18~20坪と記載があるので、複数区画がまだ決まっていないようです。

テナント募集を知らせる掲示物もライズモール保土ケ谷常盤台の前面道路近くにありました。

この情報が最新だとすると、まだ決まっていない区画はB敷地(ドミノピザなどがある建物)で2区画、A敷地(食品館あおばなどがある建物)で4区画です。

開業が近づいてきていますが、テナントが決まっていない状態でもオープンするのでしょうか。。。

 

東側の歩道からは”食品館あおば”の看板が少ししか見えませんでした。

これは、おそらく横浜新道の利用者に向けた看板ではないかと思います。

 

ライズモール保土ケ谷常盤台の正面にある高台から撮影した写真です。

3階建ての全体像と、屋上の駐車場が良く見えるかと思います。

 

おまけ:

ライズモール保土ケ谷常盤台の前面道路を挟んだ反対側には、ガスト保土ケ谷常盤台店雑貨屋が店を構えています。

雑貨屋の店名は「タイムカプセル」で、昭和ノスタルジアを謳っています。

アンティーク品などを中心に取り扱っているとみられます。

入居するテナントは?

現在明らかになっているテナントは、この看板にある通りです。

横浜常盤台みんなの診療所は、公式HPが開設されていました!

https://minna.clinic/

2022年7月30日(土)と7月31日(日)に内覧会を実施し、そして2022年8月1日(月)に開院を予定しているようです。

 

当初計画では飲食店も何店舗かオープンするとの話でしたが、現状では飲食店のラインナップがありません。

まだ明らかになっていないものの、入居するとの情報が出ている飲食店が「しゃぶ葉」になります。

商業施設の出店状況を紹介するWebサイト「出店ウォッチ」では、このような記載がされていました。

https://shutten-watch.com/kantou/23089

ただ、求人情報を検索しても、しゃぶ葉のオープニングスタッフを募集する求人は見つけられませんでした。

https://shutten-watch.com/kantou/23089

当初公表されていたイメージパースに、しゃぶ葉のロゴがあったことから入居すると推測されたのでしょうか。

まだ情報が明らかになっていないので、しゃぶ葉がオープンするとは断定できない状況です。

おわりに:大型商業施設の出店は街の雰囲気も変えますね!

ライズモール保土ケ谷常盤台の立地する場所は数年前にも行ったことがあるのですが、道幅が狭くて草木が生い茂っている鬱蒼とした道路でした。

この狭い道路に横浜市営バスが通ったり、車の交通量がそこそこ多かったりして、いつ事故が起きてもおかしくないような感じでした。

それがライズモール保土ケ谷常盤台の出店により道路幅が拡幅され、草木が生い茂っていた山がなくなり、綺麗な商業施設が建設されたことで、街の雰囲気が一気に明るくなりました。

以前の様子をご存じの方は、現地を訪れたら街の変貌ぶりに驚くのではないかと思います。

商業施設など大規模店舗の出店は、良い意味でも悪い意味でも街の雰囲気を大きく変えるな~と感じました。

 

いよいよオープンまであと2週間を切りました!

現地の印象やライズモール保土ケ谷常盤台に期待すること、オープン後の様子など是非コメント欄にお寄せいただけると嬉しいです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

↓第1弾:ライズモール保土ヶ谷常盤台の開発概要と現地レポート(2022年1月16日更新)

あわせて読みたい
【現地レポ】2022年夏開業!ライズモール保土ヶ谷常盤台の開発状況【2022年1月】 羽沢横浜国大ブログをご覧いただきありがとうございます。 保土ヶ谷区常盤台に新しくできる複合商業施設『ライズモール保土ヶ谷常盤台』の建設地を訪問したので、現地レ...

↓第2弾:ライズモール保土ケ谷常盤台の新店舗情報と現地レポート(2022年4月1日更新)

あわせて読みたい
【現地レポ】ドミノピザが4/1オープン!ライズモール保土ヶ谷常盤台の新店舗情報【2022年4月】 羽沢横浜国大ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は、横浜市保土ヶ谷区常盤台に新しくできる複合商業施設『ライズモール保土ヶ谷常盤台』の建設地を訪問し...
記事のシェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

横浜市在住歴10年弱。街の変化を眺めるのが好きです。羽沢横浜国大を中心に、横浜市内の再開発や商業施設などを発信するブログを運営しています。

Twitterでも情報発信しています!

コメント

コメント一覧 (11件)

  • 更新お疲れさまです!

    ライズモールいよいよですねー!
    食品館あおばが近場にオープンはすごいありがたいので、オープンしたら早速行ってみたいと思います!

    この奥の大通りの向かい側にある
    ガソリンスタンドが横浜市内でもかなり破格の値段で給油ができるので、特売日に合わせて行くんですが、
    その後毎回ガストの横から右折してここ通るので、給油→食品館あおばのパターン化しそうです笑

    • くらっしーさん、コメントありがとうございます。

      ようやくオープンが近づいてきましたね。
      行かれた際には是非レポートを楽しみにしています!
      飲食店も早くテナントが決まるといいのですが・・・

      > この奥の大通りの向かい側にある
      ガソリンスタンドが横浜市内でもかなり破格の値段で給油ができる
      この情報は大変貴重ですね!!
      ありがとうございます。
      両者とも近いので良さげなルートですね!

    • TANUPIさん、コメントありがとうございます。
      そして、オープン時期の最新情報をご教示いただき、ありがとうございます!
      7/28オープンなのですね。
      記事内及びTwitterで誤って伝えてしまっていたので、早速訂正させていただきます。
      引き続きよろしくお願いします!

  • 詳細なレポートありがとうございます!

    ライズモールは1番待ち望んでいた施設かもしれないです笑
    ついにオープン日が近づいてきましたね!
    元々の雰囲気を知らないんですけどそんなに良くない雰囲気だったんですね??笑

    それと上星川のサミットよりも広いのは意外でした!

    オープンしたら早速行ってみたいと思います!

    • かとうさん、コメントありがとうございます。

      この辺りのエリアは大型スーパー空白地帯だったので、利便性が劇的に向上しそうですね。
      是非行かれた際は感想をお聞かせください!
      治安が悪いという訳ではないのですが、とにかく暗くて鬱蒼としていて夜道を歩くのが怖いぐらいの雰囲気だったように思います。。。

      店舗面積2,364㎡というのを信じたいですね!
      これが食品館あおばだけでなく、クリエイトやその他施設も含めた面積だったらがっかりですが・・・

  • ライズモールいよいよですね。サミット上星川店でもかなり広い方と思ってましたがそれより広いとなるとかなりの規模ですね。
    個人的には100均やニトリ辺りが入ってくれればサミットより利用頻度が増えそうな気がします。笑

    それとくらっしーさんのガソリン情報有益ですねー。近頃高騰しているので意識せざる得ないですからね…。

    • 寿司好きさん、コメントありがとうございます。

      いよいよあと2週間ちょっとですね。
      駐車場や駐輪場も充実しているので、品揃えが豊富なスーパーになるといいですよね!
      100均があると全然違いますね~。
      テナントが埋まっていない区画がいずれもそんなに大きくないですが、B敷地であれば42坪あるので、ギリいけそうですかね・・・!
      どんなテナントが入居するのか楽しみです。

      くらっしーさんの情報、有難いですよね!
      ガソスタ→食品館あおばの流れがいずれ広がりそうです。

  • この場所は
    常盤台166番地建築協定
    にも
    風致地区
    にも被ってない貴重なエリアでしたから
    あれだけの土砂を搬出できる胆力のある事業者でなければ、雛壇の戸建てに化けてたかもしれませんね。

    • たこさん、コメントありがとうございます。

      常盤台166番地建築協定を検索して確認したところ、ライズモール保土ケ谷常盤台のすぐ西側から該当地になっているのですね!
      もし建築協定が東側まで伸びていたら、今の大規模開発は行われていなかったということですよね・・・

      また、峰沢・常盤台風致地区についてもライズモール保土ケ谷常盤台のすぐ北側から広範囲に風致地区が広がっていることが確認できました。
      これもギリギリのところで風致地区の指定がなされていなかったことが大規模開発につながったということですね。

      私も木々が伐採されて山が切り崩されていく様子を見たときは、宅地分譲されるのかと思っておりました。
      こうした地域の背景があったとは知らなかったのでとても興味深いです。

コメントする

目次