>羽沢横浜国大駅は本当に街力がないのか?【検証記事】

【現地レポ】ドミノピザが4/1オープン!ライズモール保土ヶ谷常盤台の新店舗情報【2022年4月】

羽沢横浜国大ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、横浜市保土ヶ谷区常盤台に新しくできる複合商業施設『ライズモール保土ヶ谷常盤台』の建設地を訪問したので、現地レポート第2弾をお送りします。

 

現地レポート第1弾は2022年1月にお送りしています。

現地レポートだけでなく開発概要も紹介していますので、まだご覧になっていない方は併せてご覧ください!

↓【現地レポ】2022年夏開業!ライズモール保土ヶ谷常盤台の開発状況【2022年1月】

あわせて読みたい
【現地レポ】2022年夏開業!ライズモール保土ヶ谷常盤台の開発状況【2022年1月】 羽沢横浜国大ブログをご覧いただきありがとうございます。 保土ヶ谷区常盤台に新しくできる複合商業施設『ライズモール保土ヶ谷常盤台』の建設地を訪問したので、現地レ...

 

ライズモール保土ヶ谷常盤台は、スーパーマーケット”食品館あおば”や医療モールなどが入居する予定となっている複合商業施設です。

開業時期は2022年夏と発表されており、このエリアはまとまった商業施設がなかったため待望の商業施設となっています。

横浜新道の常盤台ICから降りてすぐの場所に位置しており、また駐車場も200台と充実しているので、車でのアクセスも便利そうです。

今回は、2度目の建設地訪問ということで、開発の進捗状況新店舗の開業情報をお送りしていきます!

 

2022年7月10日追記:第3弾更新しました!

↓ライズモール保土ケ谷常盤台、7/28開業へ!現地状況をレポート【2022年7月】

あわせて読みたい
ライズモール保土ケ谷常盤台、7/28開業へ!現地状況をレポート【2022年7月】 羽沢横浜国大と横浜の街・再開発ブログをご覧いただきありがとうございます。 保土ケ谷区常盤台に新しくできる複合商業施設『ライズモール保土ケ谷常盤台』の建設地を訪...

 

目次

開発状況の現地レポート

現地の写真を交えながらライズモール保土ヶ谷常盤台の開発状況を見ていきたいと思います。

撮影場所をそれぞれ地図で明示して紹介するので、ぜひ現地に行った感覚でご覧ください!

※撮影日:2022年3月29日(火)

 

①ファミリーマート横浜常盤台店の交差点から東側に撮影した写真です。

前面道路の整備が完了しており、歩道も設けられていました。

開発以前は見通しの悪い細い道で、車同士がすれ違うのも難しい状況だったので、大きく改善されましたね。

 

②ライズモール保土ヶ谷常盤台の前面道路から北側に撮影した写真です。

青色の5階建ての建物は、ライズモール保土ヶ谷常盤台のB敷地になります。

61戸の学生専用マンションで、”カレッジコート横浜国立大学前”という名称です。

https://www.gakuman-tokyo.com/kanagawa/estate/2301005454

2022年3月にオープンしており、現地を見た感じでは徐々に入居が始まっているようでした。

管理人夫婦住み込み、食事付、家具家電付の学生マンションということで、親御さんに人気の出そうな物件ですね。

横浜国立大学の南通用門から徒歩30秒程度でエントランスに到着するので、横国の学生が中心に入居するのでしょうか。

https://www.gakuman-tokyo.com/kanagawa/estate/2301005454

部屋の広さは18.08~18.3㎡の1Rのみとなっています。

学生の1人暮らしには十分の広さですよね。

https://www.gakuman-tokyo.com/kanagawa/estate/2301005454

賃料は56,800円~59,800円と少し安く感じますが、管理費が228,000円/年かかったり食費は別途29,800円/月が必要だったりします。

そして、カレッジコート横浜国立大学前の1階部分にはドミノピザ横浜常盤台店が開業します。

現地を訪問した時には、まだ開業準備を進めている様子でしたが、

2022年4月1日にオープンするということで、現在は営業を開始しているとみられます。

https://recruit.dominos.jp/jobfind-pc/job/Kanto/15066

アルバイトの求人情報を見る限り、営業時間は10:00~22:00でしょうか。

既にGoogleMapsにはドミノピザ横浜常盤台店が反映されていました。

周辺状況を見ると、広域ではピザーラ新保土ヶ谷店ピザーラ神大寺店ドミノピザ神大寺店があったものの、常盤台エリアは空白地帯だったことがわかります。

横国の学生はもちろんですが、周辺住民にとっても嬉しい開業ではないでしょうか。

 

③ライズモール保土ヶ谷常盤台の前面道路から北側に撮影した写真です。

こちらは食品館あおばが入居予定のA敷地です。

まだまだ工事が行われていますが、建物の大枠はおおむね出来上がってきたようです。

高さは2階建てではあるものの、建築面積が3,488㎡と広大なので、実際に現地を見ると存在感がかなりありました。

 

④ライズモール保土ヶ谷常盤台の前面道路から北側に撮影した写真です。

ライズモール保土ヶ谷常盤台を正面から撮影しました。

中はほぼ空洞だったので、これから内装含め工事が進められると思います。

 

⑤常盤台和田町線の横浜新道バス停から西側に撮影した写真です。

ライズモール保土ヶ谷常盤台の側面になります。

写真右手には少しだけ食品館あおばの看板が見えています。

この位置からあまり見えないということは、横浜新道の利用者に向けた看板だと思われます。

 

⑥ライズモール保土ヶ谷常盤台の南側にある高台から北方向に撮影した写真です。

高台から撮影すると、ライズモール保土ヶ谷常盤台の全体像が見えてきました。

高低差がある地域なので、2階建てのライズモール保土ヶ谷常盤台はそこまで目立つ訳ではなさそうです。

手前に映るマンションは7階建ての横浜常盤台パークホームズです。

写真を拡大すると、食品館あおばの看板が見えました。

写真奥に映っている森は横浜国立大学の敷地ですね。

 

ライズモール保土ヶ谷常盤台の開業時期と新店舗情報は?

ライズモール保土ヶ谷常盤台の開業時期について、建築現場の掲示板を見ると、

完了予定年月日が2022年6月末日となっています。

このままスケジュール通りで行けば、最短で2022年7月にオープンするとみられます。

 

そして、大規模小売店舗立地法第5条第1項に基づく届け出を見ると、

”大規模小売店舗の新設をする日”として令和4年7月23日との記載があります。

この書類の日付は令和3年12月24日なので、開業日として信憑性が高そうです!

しかも7月23日は土曜日ですね。

 

ライズモール保土ヶ谷常盤台の開業日は、

2022年7月23日(土)の計画となっています!

 

先ほどの書類の続きを見ると、

開店は午前9時、閉店は午後10時となるようです!

 

ライズモール保土ヶ谷常盤台の営業時間は、

午前9時から午後10時までの計画となっています。

 

ライズモール保土ヶ谷常盤台の新店舗情報については、

https://nm-kaigyo.nikkeihr.co.jp/property/5872/

この完成イメージを見る限り、すかいらーくグループの”しゃぶ葉”ドラッグストアの”クリエイトS・D”が入居するとみられます。

ただ、今回訪問した際に現地に掲示されていたテナント募集には、

https://hyuuuma.com/wp-admin/post.php?post=3543&action=edit

同じ画像に見えますが、”しゃぶ葉”と”クリエイトS・D”のロゴが消えています!

クリエイトS・Dに関して言えば、このエリアでは近年立て続けに3件のクリエイトS・Dが進出しており、需要に対して供給過多と見ることもできます。

ライズモール戸塚にはクリエイトS・Dもしゃぶ葉も出店していますから、運営企業のビッグライズホールディングスと相性は悪くないと思うのですが、テナントが確定と言うわけではなさそうです。

 

他には、クリニックが何軒か開業するとみられ、クリニックモールとして一つの名称を定めるようです。

https://medicalcenterjp.com/articles/3464/

現在の仮称は”保土ヶ谷常盤台メディカルセンター”となっています。

https://medicalcenterjp.com/articles/3464/

募集区画は計5つで、2階駐車場に隣接する形でクリニックモールを設けるとみられます。

特に診療科の指定はないようで、内科や整形外科から産婦人科、泌尿器科まで幅広く募集しています。

 

おわりに:日常生活に必要なインフラとしての商業施設に

こうやって見てみると、ライズモール保土ヶ谷常盤台は、”スーパーマーケット+α”といった形の日常生活に寄り添うタイプの商業施設になりそうです。

商業施設ができると聞いてららぽーとやジョイナスなどを想像すると少しがっかりするかもしれませんが、近隣住民の日常生活に必要なインフラとしての需要は高いと思われます。

現時点でまだ明らかになっていないのは、ドラッグストアや飲食店などのテナントでしょうか。

本ブログでは情報が入り次第、続報を更新したいと思います。

 

記事に関して追加情報や新たな情報などありましたら、下記コメント欄にお寄せいただけると幸いです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

2022年7月10日追記:第3弾更新しました!

↓ライズモール保土ケ谷常盤台、7/28開業へ!現地状況をレポート【2022年7月】

あわせて読みたい
ライズモール保土ケ谷常盤台、7/28開業へ!現地状況をレポート【2022年7月】 羽沢横浜国大と横浜の街・再開発ブログをご覧いただきありがとうございます。 保土ケ谷区常盤台に新しくできる複合商業施設『ライズモール保土ケ谷常盤台』の建設地を訪...

 

記事のシェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

横浜市在住歴10年弱。街の変化を眺めるのが好きです。羽沢横浜国大を中心に、横浜市内の再開発や商業施設などを発信するブログを運営しています。

Twitterでも情報発信しています!

コメント

コメント一覧 (6件)

  • 最近の更新頻度はすごいですね!
    お疲れ様です。
    毎度楽しく読ませていただいてます。

    地味にドミノピザが出来るのがとても嬉しいです笑
    このあたりは横国の学生の溜まり場の様になりそうですね。

    このような商業施設がもう少し羽沢南方面や東高島町あたりにも出来て欲しいですね〜

    ちなみに今回の記事とは別の話になりますが駅前の無くなってしまった駐輪場は単純に土地契約の満了だったみたいですね。
    採算性はなかなか厳しいと思うので市営とかで引き継いでくれないかな〜と思います…

    • かとうさん、コメントありがとうございます。
      更新頻度に波があっては良くないと思いつつ、最近は順調に更新できています!(笑)

      あの位置にドミノピザができると、羽沢エリアをだいたいカバーできそうですよね!
      横国からとても近いので、利用者もアルバイトも横国生が多くなりそうです。
      環2沿いに1つくらい大型スーパー+αみたいな商業施設ができてもおかしくないと思うのですが・・・
      これからに期待ですね!

      駐輪場の件、貴重な情報をありがとうございます!
      そうなるとしばらくは更地のままですかね・・・
      駅前の駐輪場が満車で溢れるようになれば再度チャンスはありそうですが、当分先になりそうですよね。

  • 更新お疲れ様です。
    なんだかんだでこのエリアの売りは横浜国大の定期的に入ってくる若い人達と思うので、狙えるならば大学卒業し就職してもそのまま住んでくれるような環境に出来ればどんどん若い人が定着して活性化していきそうな気がします。

    • 寿司好きさん、コメントありがとうございます。
      たしかに大学卒業後も住み続けたい街になれば、一人暮らし→ファミリー層となり地域が活性化しそうです!
      交通アクセスの面では都内勤務でも十分対応できると思うので、あとは街の魅力度でしょうか。。。
      現状の学術面だけでなく、そういった観点でも横国と地域の連携が進むとより良くなりそうですよね。

      • 出遅れました笑

        私も3月末に在宅勤務のお昼に隣のガスト利用したときに見ましたが、結構建築進んできましたね!

        ドミノ・ピザありがたいですねー!
        近隣の持ち帰り需要もありそうだし、YNUの新歓とかでしばらく需要続きそうな気がしますね笑

        食品館あおばが出来るのも近隣に住むものとしてはありがたいです!

        学生時代に大学の最寄りに出来たので良く利用してましたが、価格も普通のスーパーより安く財布に優しいので
        常盤台エリアのファミリー層にも嬉しい出店になりそうな気がします❗️

        • くらっしーさん、コメントありがとうございます!
          通りかかっても一目置くくらい存在感が出てきましたね。

          あの位置にドミノピザが出店したのは流石だと思いました!
          まさに仰るように、様々な需要で大いに繁盛しそうな気がします。

          食品館あおば、私自身は普段使いしたことがなかったのですが、お話を聞く限り使い勝手が良さそうですね。
          リビオタワーの下駄に入るスーパーのテナントによっては、食品館あおばのニーズが高まりそうです!

コメントする

目次