>羽沢横浜国大駅は本当に街力がないのか?【検証記事】

【現地レポ】クリエイト羽沢横浜国大駅前店が5/28にオープン!

羽沢横浜国大ブログをご覧いただきありがとうございます。

ついに羽沢横浜国大駅周辺に小売店舗が誕生しました!!

今日は、ドラッグストアチェーン「クリエイト羽沢横浜国大駅前店」の現地レポートをお送りします。

↓羽沢横浜国大駅周辺の駐車場/コインパーキング情報はこちら(2022年2月5日更新)

あわせて読みたい
羽沢横浜国大駅徒歩10分圏内の駐車場・コインパーキング情報6選【2022年7月最終更新】 ※2022年7月18日最終更新 羽沢横浜国大ブログをご覧いただきありがとうございます。 羽沢横浜国大駅周辺はまだまだ開発途上なので、Webで検索してもなかなか情報が出てこ...
目次

駅からは専用ルートが開通

羽沢横浜国大駅の改札を出ると、正面に大きなシャッターが2つあります。

どちらのシャッターも2019年11月30日の新駅開業イベント以降は閉まったままだったのですが、クリエイトのオープンと共に右側のシャッターが開きました!

シャッター付近には、クリエイトの置き看板が!

営業中、そして営業時間が9:00~21:00と記載されています。

この道を進むと、クリエイトに辿り着くというわけですね!

駅舎の外から見た景色です。

これまでクリエイトの方面に行くには、駅舎を出て環状2号線沿いを歩く必要がありました。

自宅がクリエイト方面の人は、クリエイトの通路を使えばちょっとした時間短縮になるかもしれません。

ただ、クリエイトまでの直通通路は、閉店時間の21時に閉鎖されるようです。

駅舎のシャッターも同様に閉まるのでしょうか・・・

※2021年8月時点では、閉店時間が22時に変更となっています(2021年8月28日更新)

駐車場と駐輪場が充実!

駅前立地にも関わらず、駐輪場と駐車場は充実した設備となっていました!

 

駐輪場(自転車):58台駐輪可能

駐輪場(バイク):7台駐輪可能

駐車場:26台駐車可能

駐車場の料金表です。

基本的には昼間が30分400円、夜間が60分100円のようです。

ただ、クリエイトで買い物をしたり薬局を利用したりすると、一定時間が無料になる仕組みです。

駐車場に車を止めると、係員が運転手の方に駐車証明書を手渡ししていました。

この駐車証明書を店内で手続してもらい、無料化するような仕組みでしょうか。

駐輪場の料金は、入庫60分まで無料で、その後6時間毎に100円かかる仕組みです。

羽沢横浜国大駅前の駐輪場は6時間100円、羽沢長谷公園(駅徒歩2~3分)の駐輪場は24時間50円なので、初期無料は嬉しいですね~。

店内の様子を詳細レポート!

改札を出て直通通路を進むと、この景色が見えます。

ここはクリエイトに併設される薬局の入口側で、薬局がまだオープンしていないためドアが閉まっているようです。

店舗に入るには、写真左手に進む必要がありました。(環状2号線に背を向ける形で店舗入口が配置)

こちらの写真は、駅舎とは逆方向(羽沢長谷公園の方面)から入店する場合の通路です。

この通路は、自転車やバイクの通り抜けは禁止されており、自転車やバイクの人は環状2号線沿いから行くしかないようです。

  

店内はもちろん撮影禁止ですから、周辺情報から店内の様子をお伝えしたいと思います。

こちらは、店舗入口に積まれていたチラシです!

オープンセールとして、5/28(金)~5/30(月)の3日間、そして6/30(水)までの約1か月間の2種類のセールを実施しているようです。

先ほどのチラシの裏面です!

左側半分は洗剤や薬などドラッグストアによくある商品ですが、右側半分はカップラーメンやパン、飲み物、お菓子などが並んでいます。

とはいえ、最近のドラッグストアはこういった食品もよく並んでいますよね。

問題は、野菜や肉、魚などの生鮮食品があるかどうか

取り扱い商品一覧を見ると、下の2項目に

・食品・牛乳・パン・アイス・冷凍食品

・お菓子・飲料・野菜・お肉・お酒

の記載がありました!

 

店内の様子を皆さんにお伝えしたい!ということで、記憶を辿って店内の配置をイラストにしてみました。(※実際の店内とは細部が異なる可能性があります)

【店内の解説】

・入ってすぐの場所には、クリエイト薬局のスペースがありました!

・クリエイト薬局の向かい側からずっと非食品コーナーが続きます。
(洗剤や歯磨き粉、化粧品、防虫剤など)

・その後、食品コーナーに切り替わり、小麦粉や調味料、お菓子、酒などが並びます。

野菜コーナーは、常温と冷蔵の2種類の棚があります。
人参、玉ねぎ、ジャガイモ、水菜、トマト、もやし、レタス、アボガド、キウイフルーツ、りんご、メロン、バナナなど

肉・加工肉コーナーは、冷蔵と冷凍の2種類の棚があります。
冷蔵は、ウインナーなどの加工肉、豚肉・鶏肉・ひき肉などの生肉
冷凍は、豚肉やラム、ひき肉、ハンバーグ、唐揚げなど大容量の冷凍肉

魚コーナーは、冷蔵と冷凍の2種類の棚があります。
冷蔵は、マグロの刺身や鮭の切り身など
冷凍は、干物やエビなど

 

クリエイト羽沢横浜国大駅前店を一言で表すと、ドラッグストア以上スーパーマーケット未満!!

想像以上に食品コーナーが充実していました!

 

しかも、もっとすごいのは価格面でもスーパーに負けていないところ!

記憶の範囲内で、こんな商品がこんな価格でした!と紹介します。

◎キャベツ 1玉98円+税
◎バナナ 1房98円+税
◎玉ねぎ 3つ98円+税
◎もやし 1パック19円+税
◎米国産豚肉 500gで490円+税
◎国産牛豚ひき肉 1kgで980円+税(冷凍)

これなら、生鮮食品もクリエイトで買おう!という気持ちになるのでは?

薬局と病院のオープン予定はいつ?

クリエイトに併設される薬局は、2021年6月1日(火)のオープン予定です。

営業日は日・祝日休みで月~土の週6日。営業時間は10:00~18:30とクリエイトより短めです。

このようなチラシが店内にありました。

店名は、クリエイト薬局 羽沢横浜国大駅前店ということです。

   

そして、2階に設置予定の医療モール「メディカルプラザ羽沢横浜国大」は、皮膚科・内科・小児科・眼科の計4科が開院予定となっています。

【開院予定月】

  • 皮膚科:2021年10月
  • 内科:2021年9月
  • 小児科:2022年5月
  • 眼科:2021年9月

おわりに:生活利便性が大幅に改善されたハザコク

いや~、大満足の商品ラインナップでしたね!

おそらくクリエイトの戦略としても、周辺にスーパーがない地域だからこそ、生鮮食品に力を入れたのでしょう。

これなら、周辺にスーパーができるまでクリエイトの一人勝ちが確定ですね!

地域住民にとっても待望の小売店舗だったはずですから、ある程度何でも揃うラインナップは嬉しい限り。

 

まだまだ開発は続きますが、羽沢横浜国大駅の開業から約1年半、ようやく大きな前進が見られました!

今のところ次の開発計画は2024年3月竣工の駅ビルですが、クリエイトに一人勝ちはさせまい!と駅周辺にスーパーが出店しないかなあと願っています。(笑)

 

本ブログでは、今後も羽沢横浜国大駅周辺の最新情報をレポートしていきます!

最後までお読み頂きありがとうございました!

前回の現地レポートはこちら!

あわせて読みたい
【現地レポ】クリエイトは5/28オープン予定!羽沢横浜国大駅の開発状況【2021年5月】 羽沢横浜国大ブログをご覧いただきありがとうございます。 羽沢横浜国大駅周辺現地レポートをお送りします!   2019年11月30日に開業した羽沢横浜国大駅(神奈川県横浜...
記事のシェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

横浜市在住歴10年弱。街の変化を眺めるのが好きです。羽沢横浜国大を中心に、横浜市内の再開発や商業施設などを発信するブログを運営しています。

Twitterでも情報発信しています!

コメント

コメントする

目次