【羽沢横浜国大】再開発エリアの名称は”HAZAWA VALLEY”に決定!公式HPもオープン

羽沢横浜国大

こんばんは!ひゅうまです。

このブログを始めて以来、最もテンションが上がる情報が入ってきました!

 

前回の記事にこのようなコメントを頂きました。読者の皆様には本当に感謝です!

【現地レポ】羽沢横浜国大と鴨居を結ぶ羽沢池辺線の工事状況【2021年10月】のコメント欄より(2021年10月4日更新)

 

HAZAWA VALLEYという言葉自体、私は初耳でした!

今回は、HAZAWA VALLEYの概要や公式HPの情報についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

HAZAWA VALLEYって何?

HAZAWA VALLEYとは、羽沢横浜国大駅周辺(神奈川区羽沢南2丁目)で行われている再開発のエリア名です。

これまで統一した名称はなく、「羽沢横浜国大駅前再開発」「神奈川羽沢南二丁目地区」など様々な呼ばれ方がされてきました。

 

HAZAWA VALLEYの情報は全て公式HPに載っていますが、本ブログではトピックとなる部分だけ抜粋してお届けします。

 

公式HPのトップページ画像は、羽沢横浜国大駅と高層ビルのパース図となっています。

http://www.hazawavalley.jp/index.html

こう見ると、高層ビルの存在感がすごいですね!かっこいい!!

23階建ての高さがあまりイメージできていませんでしたが、想像していたより落ち着いた外観でした。

 

なお、公式HPは2021年9月17日に開設されたようです。

公式HP開設から2週間以上も気付かなかったのは、羽沢横浜国大マニアとしてはショックすぎました。。

 

HAZAWA VALLEYという名称の由来は、次の通り。

江戸時代にはここ一帯に、「羽沢(はざわ)」という地名がついていました。
 
そんな歴史ある地名を継承しながら、米・カリフォルニア州にある、IT企業やスタートアップ企業が集積するシリコンバレーになぞらえて「HAZAWA VALLEY」という街名が付けられました。

  出所:HAZAWA VALLEY 公式HPより

 

シリコンバレーになぞられてHAZAWA VALLEYという名称になったそうです。

たしかに羽沢横浜国大駅周辺の地形は谷地になっているのでVALLEYという言葉に納得感はありますが、渋谷バレーや五反田バレーなど各所で使われてきた表現なので二番煎じ感は否めないですね。。

 

HAZAWA VALLEYの対象エリアは、羽沢横浜国大駅を含む周辺一帯の約16,000㎡です。

http://www.hazawavalley.jp/development/index.html

A-1敷地からD敷地まで計6つのエリアに区分されているようです。

既に開業しているクリエイト羽沢横浜国大駅はC敷地、再開発の目玉となっている23階建て高層ビルはA-1敷地となっています。

 

ちなみに、HAZAWA VALLEYのアイコンは、

http://www.hazawavalley.jp/naming/index.html

羽沢の羽(?)を意識したデザインのようです!

 

HAZAWA VALLEYの公式HP情報

HAZAWA VALLEYの公式HPは、羽沢駅周辺まちづくり検討会によって運営されているようです。

http://www.hazawavalley.jp/

コンテンツはまだまだ少ないですがとても見やすいページになっています。

トップページにアクセスすると、相鉄とJRの車両が羽沢横浜国大駅をそれぞれ通過するアニメーションが再生され、再開発のワクワク感も醸成されるような作りです。

 

現在掲載されているコンテンツは、以下の通り。

http://www.hazawavalley.jp/index.html

HAZAWA VALLEYの開発概要や現在の進捗状況、ステークホルダーへのインタビューなどが掲載されています。

インタビューのラインナップは、寺田倉庫の寺田航平社長と、横浜国立大学の佐土原教授/大原教授の2本がありました。

次回、次々回のインタビューは相鉄横浜市がそれぞれ予定されています。

 

この公式HP、一つ一つのデザインにも相当こだわっていますよね。

それぞれの情報が見やすく整理されていて、今後の更新予定も記載されているので、また時間をおいてチェックしに来ようという気持ちになりますね。

http://www.hazawavalley.jp/whatsnew/index.html
ひゅうま
ひゅうま

公式HPのコンセプトカラーは青系でしょうか。

横浜国立大学も相鉄も青系なのでしっくりきますね。

 

23階建て高層ビルにも言及

HAZAWA VALLEYの公式HP内では、23階建て高層ビルにも言及しています。

既出の情報がほとんどですが、スーパーやレストラン・カフェ、横浜国大の活動支援施設、医療施設、子育て支援施設などが入る商業施設がオープンすることが言及されています。

高層ビルの構造は以下の通り。

http://www.hazawavalley.jp/development/index.html

注目の居住部分は、5階から23階までの予定となっています。

一体どのくらいの坪単価になるのでしょうか・・・

 

複合商業施設は、1階から5階部分まであるので結構な充実度合いになりそうです。

3階に屋上庭園があるのも良いですね!

イメージとしては、二俣川駅のジョイナステラスに近い形なのかなと思いました。

 

おわりに:いよいよ街づくりが本格化

個人的には、エリア名称の決定と公式HPの解説というのはかなり大きな前進だと思いました!

今まで断片的な情報が各所から更新されるだけで、一体どのような街になるのか明らかになっていませんでした。

 

羽沢駅周辺まちづくり検討会という組織こそ見えない部分はありますが、駅前再開発を体系的にまとめて発信するメディアが誕生したことは素直にうれしいです。

そして、こうして再開発の全貌が明らかになってくるとかなりワクワクしますね!

今後の公式HPの動向も逐次チェックしていきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

↓羽沢横浜国大駅周辺の最新現地レポートはこちら

 

コメント

  1. くらっしー より:

    いつも更新ありがとうございます。

    昨日、ひゅうまさんのTwitter見てハザワバレーの件知って、ソッコーでURL妻と義父に転送してしまいました笑

    スーパーやYNUの施設、保育施設などは私が越してくる前から情報ありましたが、

    レストランやカフェも出来るとなると、ミニムサコ化も見えてきましたね❗️

    通勤中、戸建住宅の野点看板(約5千万で強気すぎ)なども見るようになり、急に発展しようとしてる感覚を覚えます。

    私も現地から色々と発信できることがあれば嬉しいので、お役に立てることがあれば、お手伝いしますので言ってください!

  2. くらっしー より:

    連投失礼します。

    ハザワバレーの公式ホームページの下部に「羽沢駅周辺まちづくり検討会」とあったので、どんな組織なんだ?と思い調べてみたら、横浜市のホームページに以下の記事が出てきました。

    前身となった組織なのか、名前が似ているだけなのかわかりませんが、地元の方々で構成されているようですね!

    https://www.city.yokohama.lg.jp/kanagawa/kurashi/machizukuri_kankyo/machizukuri/town/hazawa.html

    まちづくりの検討会、良いですね、参加してみたいものです笑

  3. ひゅうま より:

    くらっしーさん、コメントありがとうございます!

    私もHAZAWA VALLEYのことを知った時、早く誰かに伝えたくてそわそわしました!(笑)
    駅前の複合商業施設はなかなか充実しそうで期待大ですよね。
    再開発エリアは植栽など含め綺麗に整備されると思うので、今から街開きが楽しみです!
    ただ今後住環境が充実していく一方なので、土地や建売住宅の価格はますます強気になりそうですね。

    羽沢駅まちづくり検討会の情報についてもありがとうございます。
    地域住民が中心となってあのホームページを運営しているなら本当にすごいです。
    くらっしーさんは入会資格をお持ちだと思うので、是非参加してレポートしていただきたいです!

    私自身、頻繁に羽沢エリアに行ける訳ではないので、地域にお住まいの方にそう言って頂けるのはとても嬉しいです!
    お気づきの点がありましたらTwitterのDMでもブログのコメント欄でも構いませんので、是非ご連絡いただければと思います。
    引き続きよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました