【物件一覧】羽沢横浜国大駅周辺の建売住宅の相場は?【2021年8月】

羽沢横浜国大

こんにちは!ひゅうまです。

2019年11月に相鉄・JR直通線が開業し、2021年5月にはドラッグストア「クリエイト」がオープンするなど、着々と開発が進む羽沢横浜国大駅周辺。

2022年度下期には相鉄・東急直通線の開業、2024年には駅前に大規模ビルの開業が予定されており今後も話題が尽きない羽沢横浜国大駅ですが、駅周辺の住環境はどうなっているのでしょうか?

今回は、羽沢横浜国大駅徒歩20分圏内の建売住宅の情報をまとめ、現在の市況や今後の方向性についてみていきたいと思います。

ひゅうま
ひゅうま

羽沢横浜国大駅周辺に住みたいと考えている人はもちろん、羽沢横浜国大駅の動向に興味がある人にもおすすめの記事となっています。

スポンサーリンク

羽沢横浜国大駅周辺の建売住宅一覧(2021年8月15日現在)

今回掲載する物件情報の条件はこちら。

・販売中であること。
・羽沢横浜国大駅から徒歩20分以内であること。
・2021年8月15日現在、SUUMOに掲載されていること。
・価格や面積などの条件はなし。

こちらが8月15日現在、販売中の物件一覧です。

なんど7件しかありませんでした・・・

【羽沢横浜国大駅周辺の建売住宅一覧表】

羽沢横浜国大駅周辺の建売住宅の状況は?

上記の建売住宅一覧から見て取れることを5点まとめました!
現在の羽沢横浜国大駅周辺の状況がちょっとわかってきました。

①羽沢南エリアゼロ、駅徒歩10分圏内の物件が出ていない

出所:https://www.google.co.jp/maps/?hl=ja

このGoogle Mapsは、今回リストアップした7件の所在地をマーカーしたものです。

見ると一目瞭然ですが、羽沢横浜国大駅至近の羽沢南1~4丁目は1件もなく、そこから少し離れた地域で7件となっていました。

羽沢横浜国大駅に最も近い物件でも保土ヶ谷区常盤台の徒歩12分で、徒歩10分圏内は1件もありませんでした

また、羽沢横浜国大駅よりも西谷駅や上星川駅の方が近い物件もいくつかありますね。

 

ここからは私の推測ですが、羽沢南エリアはもともと農地と住宅地が混在している地域で、売りに出される土地自体が少ないことに加え、今後の地価上昇に備えて売り控えが行われているのではないかと考えます。

私自身、注文住宅を検討していたため羽沢横浜国大駅周辺の土地の売り出し情報を毎日チェックしていましたが、羽沢南エリアは中古戸建がちらほら出るくらいで、土地はまっっったく出てきませんでした・・・

2022年、2023年と徐々に土地が売り出され、徒歩10分圏内でも建売住宅が増えてくるのではないかと思います。

 

②相場は4,500万円前後か

最高値は、5.保土ヶ谷区東川島町物件で4,780万円。最安値は、4.保土ヶ谷区上菅田町物件で3,980万円でした。建売住宅7件の平均価格は、4,409万円。

広さや立地がそれぞれ異なるとは言え、建売はある程度相場を踏まえて値付けをしているでしょうから、だいたい4,500万円前後というのが一つの目安となっているようです。5,000万円を超えるとなかなか買い手がつきづらいエリアということですかね。

これが2021年8月時点の状況として、2022年、2023年には建売住宅の平均価格がいくらくらいになっているのか、定点観測で見ていけたらなと思っています。

③人気エリアかも?建物完成前に売り切れている可能性が高い

全7件、すべて完成前の物件となっています。
最も完成が早い物件で4.保土ヶ谷区上菅田町物件の2021年11月。最も遅いのが5.保土ヶ谷区東川島町物件の2022年1月です。

ほかのエリアでは完成済み物件をよく見かけますし、なんなら2020年完成(1年前)の物件が売りに出されているのもざらにありますよね。

建売住宅の販売情報が出てからそう時間がかからずに売れてしまうため、このような状況になっているのではないかと思います。

つまり、羽沢横浜国大駅周辺は建売住宅の売れ行きが良い人気エリアとみることができます。

おわりに:人気を感じるものの価格は抑えめか

想定外に物件数が少なかったです。もともと物件数が少ないこともあると思いますが、ネットに情報が出たらすぐに買手がつくような状況なんですかね。

また、価格は思ったよりも抑えめだなと思いました。抜群の交通利便性はあるものの、羽沢横浜国大駅周辺にはクリエイトしかないですからね。

また、今回の7物件はいずれも駅徒歩10分以上というのも低価格の要因として十分あり得ると思います。駅徒歩10分圏内の羽沢南エリアで建売住宅が販売されたら、5,000万円を超えてくる可能性も十分ありますね。

 

今回この企画を初めてやってみて、定点観測したら市況の推移を把握できそうで面白いと思いました。

少し時間をあけて、また調査してみたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ブログ村に参加しています。

この記事が良かったと感じたら、クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

  1. くらっしー より:

    今さらのコメントで恐縮です。。

    いつも横浜まちいえブログ楽しみにしております。

    私は去年の2月に黄緑の丸地域からすこし右にいった辺りの新築戸建てを勢いで購入しましたが、ものの1年であっという間に近隣の相場が上がってしまいました…!というか本当に土地も物件(中古も含め)も出てこなくなりました。。

    今年、親が近くに引っ越してくることになり、
    西谷の不動産会社の方と知り合いまして、羽沢横浜国大近辺の事情についてお伺いしましたが、

    東急線直通まで地主が土地を手放さなかったり、相鉄不動産などがかなり土地を牛耳っているらしい、とお聞きできました。(あくまでも聞いた話です!)

    2~3年後辺りに、港北区ばりの値段で土地や戸建てが売り出されるかと思うとすこし不憫ですが、今後の街の発展に期待大です!

    • ひゅうま より:

      くらっしーさん、情報提供ありがとうございます!

      ハザコクでの生活、本当にうらやましい限りです。
      相鉄JR直通線が開通しつつ相場は上がりきっていないタイミングでの購入もすごいです!

      土地に関する貴重な情報、ありがとうございます。
      私も近隣の不動産会社でお話を伺ったのですが、まさに地主が土地を手放さないという話でした!
      たしかに自分が地主だったとしたら、相鉄東急直通線が開通し駅前再開発が進んだ2~3年後のタイミングで売りに出したいと思ってしまいます。笑

      相鉄不動産が羽沢横浜国大駅周辺の土地を牛耳っているとの話は初耳です。
      そうだとしたら、数年後には商業施設など大規模な開発も期待できそうですね!
      まちづくりが上手なのは東急のイメージなので、ハザコク周辺も東急に開発してほしかったのですが、ここは相鉄中心で進むんでしょうね・・・

      どこまで地価が上がるのか、どのタイミングで大規模開発が行われるのか、等々ますます目が離せないですね!

タイトルとURLをコピーしました