【注文住宅】住宅展示場を見学する際の注意ポイント4選

注文住宅

こんばんは!ひゅうまです。

前回の記事では、住宅展示場に行く前に気を付けるべきポイントを5点紹介しました。

今回は、実際に住宅展示場を訪れる際に「こういう振る舞い方をすればよかった・・・」「こんなことになるから気を付けて!」という注意点を体験ベースで4点紹介したいと思います!

ひゅうま
ひゅうま

・家づくりを検討し始めた人

・これから住宅展示場に行く予定がある人

におすすめしたい記事となっています!

スポンサーリンク

①入口に誰もいなくても大丈夫

初めて住宅展示場に行ったときは予約していなかったので、話を聞くハウスメーカーをフィーリングで決めようと思っていました。

実際に行ってぶらぶら歩いてみると、何となく住宅展示場の様子が分かってきました。

出展しているハウスメーカーは、ざっくり2パターンに分類できます!

モデルハウスの玄関先で担当者が元気よく話しかけてくれるハウスメーカー

モデルハウス前が閑散としているハウスメーカー

初めて住宅展示場に行った私たちは、元気よく話しかけてくれるハウスメーカーに気持ちが傾いてしまい、「涼しいですよ!」「中を見学するだけでも!」という誘い文句に負けてしまいました。

でも、モデルハウス前が閑散としているハウスメーカーは人手が足りていないのかと言うと、そうでもないようです。

玄関前に誰もいないハウスメーカーに予約なしで行ったときは、中から人が出てきてくれて丁寧に案内してくれました。

つまり、各社の営業スタンスの違いなだけなので、閑散としているからといって諦めなくても大丈夫!

予約していなくても誰かしら案内してくれます。

逆に、元気よく話しかけてくれるハウスメーカーはそれが仕事なので、意思決定を左右される必要はないということですね。

②あらかじめ終了時間を伝えておこう

どのハウスメーカーも基本的には、次の流れで行われました。

1.名刺交換&アンケート記入

2.飲み物注文

3.説明

4.モデルハウス見学

5.今後のスケジュール確認

おそらく仕組み化しているのだと思いますが、これらの時間配分は私たちで決められないのがほとんど。

先方の営業マンのスタンスにより、説明がすごーく長かったり、モデルハウス見学が短かったりばらばら。

営業マンとしては滞在時間を調整することが可能で、様々な引き出しを持っています。

私たち施主側としては、せっかく住宅展示場に行ったのだから様々なハウスメーカーを比較したい!

効率よく回るためにも、先方に時間をあらかじめ伝えておく方が良いです。

 

私たちは何度か住宅展示場に行っていて、ある時は一日に2件予約したのですが、1件目のハウスメーカーには2時間までと伝えてあったおかげで、事前にスケジュールを組み立て2時間でおさまるように調整してくれました。

逆に、2件目は次の予定がない伝えてしまったところ、結局3時間半も滞在してしまいました・・・(楽しかったけど誤算だった)

途中で話を切り出して帰ればいいじゃん、と思いがちですが、この営業マンと竣工まで付き合っていくかもしれないと思うと、なかなか行動に移せず・・・

長時間滞在しても頭が回らなくなるので、あらかじめ時間を区切るのがおすすめです!

③その場の勢いで次の約束をしない!

これは大後悔です。営業マンは話が上手い。

2時間も3時間も話を聞いてると、ついのめり込んでしまうのです。

最後に必ず「完成宅の訪問が可能ですがどうしますか?」とか「工場見学、気になりませんか?」など聞かれます。

私はその場の勢いで「全部気になります!!!」と言ってしまい、1つのハウスメーカーで3つの予約をしてしまいました。

モデルハウスを出た後、妻からは「工場見学興味ないんだけど・・・」と言われるし、自分自身もいざ冷静になって考えると毎週そのハウスメーカーで予定が埋まるのは嫌だった・・・という苦い経験があります。

基本的にはメールなどで営業マンと随時連絡が取れます。

その場で安易に結論を出さず、一回家に持ち帰って夫婦で話し合って連絡する方が絶対に良いです。

④素敵な設備はオプションかどうか確認する

よく聞く話ですが、モデルハウスはかなりゴージャスなつくりをしていて、真似しようとするとかなり課金する(オプション追加する)必要があります。

アクセントクロス折り上げ天井など、素敵!と思うポイントはほとんどオプションでした・・・

オプションかどうか聞き、もしオプションの際は、標準仕様からどのくらい課金する必要があるのか聞いておくと価格感のイメージがつきやすいです。

モデルハウスから現実の家づくりの差分を把握するためにも、是非おすすめです。

ひゅうま
ひゅうま

何千万の買い物で感覚がマヒしないためにも、重要な声掛けだと思ってます!

最後に:行けば行くほど沼にはまる感覚、気を付けて!

住宅展示場では営業マンがマンツーマンで手厚く対応してくれ、たくさんの情報を一気にインプットしします。

営業マンは皆さん本当に話が上手なので、それぞれのハウスメーカーの世界観にぐいぐい引き込まれてしまいます。

とはいえ、ハウスメーカーごとに強みとして打ち出しているポイントや家づくりに対する考え方は異なっています。

Aハウスメーカーではこう言っていたけどBハウスメーカーは真逆のことを言っている、というのも普通にあります。

 

私自身、ハウスメーカーの話をそれぞれ本気にし過ぎて、一体何が正しいのかまったくわからなくなってしまった経験があります・・・

施主の皆さんには、各ハウスメーカーの話を鵜呑みにし過ぎないこと、そして自分で調べ直すことを強くおすすめしたいです!

Twitterやブログには施主目線でたくさんの情報が提供されています。ハウスメーカーから与えられる情報だけでなく、自分から能動的に情報収集することが家づくりでは重要だと思っています。

かく言う私自身も現在ハウスメーカー検討の真っ只中なので、自分自身も頑張りたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ブログ村に参加しています。

この記事が良かったと感じたら、ぜひクリックしてください!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

注文住宅
スポンサーリンク
横浜まちいえブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました